**フレーム表示されない場合はこちらをクリックして下さい**

7日目:8月15日-8日目:8月16日
〜 帰国 〜
エルパソ空港。朝の写真ではありませんが・・・。自宅から持ってきた目覚まし時計、昨日見たら20分ぐらい遅れていた。
その後はちゃんと動いていたので、どうもその前の日に私が時間を合わせるために触ったときに誤って動かしてしまったのだろうと思われるのだけれど、そうかと言って朝目覚ましが鳴らないのは致命傷。
ホテルの目覚ましも合わせておいたものの、気になって夜中の2時ごろに目が覚めてからは眠れなくなってしまいました。
飛行機乗り遅れたら大変だもの。
4時から朝ごはんが食べれるので、少しぐらいなにか食べておこうかなと朝食へ。
夫は普段あまり食べないくせに、驚くほど普通に朝ごはんを食べていたのでびっくり。
その後はちょっと早かったけど、歩いて空港へ。

エルパソからデンバーまでは順調に飛行。
デンバーのラウンジで待っているときも次のサンフランシスコ行きの便はONTIMEになっていたので定時運行を疑いませんでした。
搭乗時間になったのでゲートへ行くもののなかなか搭乗がはじまらない。
しばらくすると搭乗ゲートに飛行機がやってきた。
今、前の便が到着したようで・・・。
その後もなかなか出発する様子がありません。
だんだん雲行きが怪しくなってきたぞ。。。
もともと乗り継ぎがタイトなのでカウンターで言ってみるものの、大丈夫よー、たぶん。みたいな返事が帰ってきて、仕方ないので到着ゲートと出発ゲート(エルパソでボーディングパスを受け取ったときはまだ決まっていなかった。)を教えてもらい搭乗を待つ。
結局、50分も遅れて出発。
これでもともと70分しかなかった乗り継ぎ時間が20分です。
しかも国際線への乗り継ぎなのにー。(涙)
アジア行きの便に乗り継ぐ予定の人はおおむねタイトな乗り継ぎになっているようで、機内放送でも乗り継ぎの人のために急がない人は下りるのを譲ってくれみたいな放送がありました。

到着後、ダッシュで国際線ターミナルへ移動。
ようやくゲートへたどり着いた!と思ったらフランクフルト行き?!
もう真っ青。
モニターを確認したらゲート変更になっていた!
きっと機内放送でも言ってたに違いないけど、そこまで聞き取れていなかった。
とにかくゲートへ急ぐ、10分前。
サンフランシスコのガイドブック持ってないけど、何があるんだろ?と頭をよぎる。。。
エスカレーターを下りていると下から成田?!と声をかけられ急かされた。
まだドアクローズしてなかった。サンフランシスコ観光はお預け。
ゲートでボーディングパスをチェックしている間にI-94Wは自分ではずせと言われ、なんとか機内へ滑り込みセーフ。
で、何とか帰れることになりました。
夫は滑走路に出た飛行機が引き返し乗り継げなかった経験があるので、ユナイテッドあんまり好きじゃないらしいですが、これはユナイテッドの問題じゃなくてアメリカの空港の問題でしょう。


とにかく最後の最後、慌てましたが、アメリカは期待以上に楽しかったです。
大阪空港で帰りのバスを待っていると最後のお土産が。
ちょうど花火大会があったらしく、バスを待つ間楽しませてくれました。

  
  
最後まで読んでいただいてありがとうございました♪



BACK < 234567・8




>Home >旅の準備 >アメリカ LINK >スケジュール >旅を終えて100問






Copyright (C)2004- BlueSky All rights reserved Since 2004/12/12