**フレーム表示されない場合はこちらをクリックして下さい**
2日目:11月20日

昨日は昼間、あんなに寝たのに朝までぐっすり眠れました。
昨日買っておいたマフィンとヨーグルトで朝食。
迎えの車に乗ってシーニックのグランドキャニオンツアーの空港へ。
フライトは9時30分出発。
お天気もよく、揺れもほとんどありませんでした。運よく窓際の席に座れたので、遊覧飛行も快適。・・・この時点でまさかこの後の展開は予想していませんでしたが。

ツアー自体は一般的なもので2箇所のビューポイントをバスで巡り、バフェ形式の昼食付きというもの。
(私たちはツアーのOPに申し込みましたが、現地ツアー会社のHPでも申し込みできますし、情報収集でお世話になったラスベガス大全でも代行してくれるようです)
昼食後は再び軽飛行機でラスベガスへ戻ります。

  
11月も下旬にさしかかるころだったので、寒いだろう思っていたわりにはそうでもなかったです。ただ雪はチラチラしていましたけど。
昨日、ザイオンへ行ったツアーでは雪だったそうです。
グランドキャニオンは広大で素晴らしいですが、やっぱり空からみるほうが迫力がありますね。
空から見た後に、陸のビューポイントから見るのもどうかと・・・。
侵食された大地も素晴らしいですが、その中にも強く根を張る植物の強さに感動してしまいます。
(私ってちょっとずれてます?)
とにかく自分の目で確かめてみることをオススメします。
   
2箇所のビューポイントでの見学の後は、空港近くのホテルでバフェの昼食をとりました。
このとき、確かにかなり曇ってましたけど、チラチラする雪は朝とさほど変わりないかったので、昼食をとったあとのホテルから空港へ向かうバスで「飛行機が悪天候のため飛びません」と言われたときはびっくり。
去年アラスカで軽飛行機に乗ったときは吹雪いていてもしっかり飛んでいたので、雨も降ってないのに、まさか飛ばないなんて…。
たしかに飛ばないことあるのでショーのチケットを予約する場合は要注意…なんてガイドブックには書いてありましたけど、わが身に起こるとは思いませんでした。チケット買ってなくてよかった。
でもやっぱり今晩のショーのチケットを持ってる人もいたようで、イライラしてましたね。多分、間に合いませんから。

で、どうやって帰るかというとバスです。
しかも途中でラスベガスから迎えにきたバスに乗り換えまであります。
ラスベガスまで約5時間。実際の走行時間はもう少し短いですけど。
検問あり、途中、フーバーダムを車窓から眺めることもでき、それなりに貴重な体験でした。
↑写真はバスで帰る道中
    
午後8時過ぎに、無事ラスベガスへ到着。
到着後、性懲りもなく何かショーを見られないかとチケット探しへ。
シーザーズパレスでやってるセリーヌ・ディオンのショーのBOX OFFICEへ行くと、ちょうど8時半。今始まったばかりとのこと。明日のチケットもあるというので、明日の分を購入。今日のチケットより安かった。今日は土曜日で週末料金なので少し高いみたいです。
さらに「MISTEA」をやっているとレジャーアイランドへ。ここでは2回目のショーが10時半からで、この回のチケットをGET。1時間ほど劇場前のスターバックスで時間をつぶして、ショーを堪能いたしました。
席は後のほうでしたが、始まっても人が入ってこないので、するするーっとセンター寄りの席へ移動。
帰り道、ストリップ通りをぶらぶらしながら夜景を撮影し、ホテルへ戻り、おしゃべりに花が咲く。
気が付けばすでに午前4時。長〜い1日でした。
翌朝10時までぐっすり眠りました。



BACK < 23・4・5 > NEXT



>Home >旅の準備 >スケジュール



Copyright (C)2004-2007 BlueSky All rights reserved Since 2004/12/12